outlookのバージョンアップに伴う移行手順

outlookのバージョンアップに伴う移行手順

outlookの移行は難しい?

みなさんこんにちわ、ゆーたんです。(@kumajirou_1

PCを新しく購入した時や、別のPCにデータを移動したい時に、写真データやExcel、WordデータはUSBメモリなどを使用し簡単にデータ移行出来ますが、メールをoutlookで使用されている方は、データ移行のやり方がわからないという方も多いと思います。

今回はoutlook2010もしくは2013からoutlook2016、2019へのデータ移行方法について、わかりやすく説明したいと思います。

メールデータの移行方法

Windows7を使用されている方ですと、outlook2010もしくは2013を使用されていると思います。

今回は、旧PCにoutlook2010がインストールされていて、新しいPCにoutlook2019がインストール場合の説明をします。

ちなみに、
◆outlook2010と2013は、ほぼ同じ画面構成です。
◆outlook2016と2019は、ほぼ同じ画面構成です。

ゆーたんが仕事で経験した感じですと、メールデータが入っているフォルダを特定し、データを直接バックアップし、インポートで復元する方法が簡単だと思います。

 

メールデータのバックアップ

まずは、メールデータをバックアップする為に、outlook2010、2013を起動しましょう。

①起動後、左上のファイルをクリックします。

 

アカウント情報の画面になります。

アカウント設定をクリックします。
下側にアカウント設定が表示されるので、クリックします。

 

データファイルの画面になります。

データファイルをクリックします。
⑤自分のメールデータの保存場所が表示されます。
ファイルの場所を開くをクリックします。

 

メールデータの保存フォルダが開きます。

⑦表示された自分のメールアドレスのpstファイルをUSBメモリ等にコピーします。

これで、メールデータのバックアップが完了です。

メールデータの復元

メールデータを復元する為に、outlook2016,2019を起動しましょう。

①左上のファイルをクリックします。

アカウント情報の画面になります。

開く/エクスポートをクリックします。
インポート/エクスポートをクリックします。

インポート/エクスポート画面になります。

④1番下の他のプログラムまたはファイルからのインポートをクリックします。

ファイルのインポート画面になります。

Outlookデータファイル(.pst)をクリックします。
次へをクリックします

インポートするファイルを選択する為に

参照をクリックします。

先程、バックアップを取ったデータの入っているフォルダにアクセスします。

⑨バックアップを取ったpstファイルをダブルクリックします。

⑩インポートするファイルに先程クリックしたpstファイルが表示されます。
⑪『重複した場合、インポートするアイテムと置き換える』を選択します。
次へをクリックします。

次にインポートするフォルダの選択画面になります。

インポート先のメールアドレスを選択します。
⑭『以下のフォルダーにアイテムをインポートする』を選択します。
完了をクリックします。

先程、インポート先に選択したメールアドレスにデータが移行出来ました。
これで、メールデータの移行は完了です。

アドレス帳の移行方法

メールのデータ移行が完了した後に、新しいパソコンでメールを起動して使い始めた際に、『あれ、アドレス帳が無いぞ』と気が付く方が意外に多いと思います。

アドレス帳の移行はどうやるんだっけ?とならないようにこの記事を読んで頂ければ簡単に移行が出来ます。

outlook2010からアドレス帳データを取り出す方法

まずは、outlook2010もしくは2013を起動させます。

①左上の『ファイル』➡『開く』をクリックします。
インポートをクリックします。

 

インポート/エクスポート ウィザード画面が表示されますので、

ファイルにエクスポートを選択します。
次へをクリックします。

 

ファイルのエクスポートの画面が表示されます。

テキストファイル(Windows、カンマ区切り)を選択します。
次へをクリックします。

 

エクスポートするフォルダーの選択の画面が表示されます。

⑦移行させたいメールアドレスを確認します。
ここでは例として、test@gmail.comとしてます。

 

同じ画面内で、画面を下にスクロールし、

連絡先を選択します。
次へをクリックします。

 

エクスポート先のファイル名の画面で、

参照をクリックします。

 

ファイルのバックアップ先のフォルダが表示されますので、保存したいフォルダの画面にします。(今回はデスクトップにしてます)

ファイル名には、わかりやすい名前を入力します。
(例:アドレスバックアップ)
OKをクリックします。

 

エクスポート先のファイル名に、先程指定したバックアップ先のファイル名が表示されます。

次へをクリックします。

 

以下の処理を実行します画面が表示されますので、

完了をクリックします。

 

先程、指定したフォルダ(今回はデスクトップ上)にファイルが保存されました。

これで、旧パソコンのoutlook2010又は2013からアドレス帳のバックアップが完了しました。

 

outlook2019へアドレス帳データを移行する方法

まずは、outlook2019を起動します。

①左上の『ファイル』をクリックします。

 

画面が切り替わります。

開く/エクスポートをクリックします。
インポート/エクスポートをクリックします。

 

インポート/エクスポート ウィザード画面が表示されます。

他のプログラムまたはファイルからのインポートを選択します。
次へをクリックします。

 

ファイルのインポート画面になります。

テキストファイル(カンマ区切り)を選択します。
次へをクリックします。

 

画面が変わります。

⑧インポートするファイルの横の参照をクリックします。

 

ファイルをバックアップをしてあるフォルダを参照します。

バックアップしたファイルを選択
 (例:アドレスバックアップ)
OKをクリックします。

 

インポートするファイルに選択したファイル名が表示されます。

重複した場合、インポートするアイテムと置き換えるを選択。
次へをクリックします。

 

インポート先のフォルダー画面が表示されます。

連絡先(このコンピュータのみ)を選択します。
次へをクリックします。

 

選択したファイル名を次にフォルダーにインポートしますと表示されます。

完了をクリックします。

 

⑯outlook左下のアドレス帳アイコンをクリックすれば、インポートしたアドレス帳が表示されます。

以上が、アドレス帳の移行方法の説明でした。

また、折角新しいoutlookに移行したのに、移行直後からメール送受信する度に、証明書エラーが出るというループに陥る方が結構いると思います。

そんな時は、下記記事を参考にして下さい。

outlookで証明書エラーで困った場合の対処法

最後まで、読んで頂きありがとうございました。
今後も、ゆーたんの部屋を宜しくお願い致します。

ゆーたん(@kumajirou_1

パソコンカテゴリの最新記事